あま日ブログ

ずぼらなあま(母)の、片付け奮闘記

リビングにある階段は寒い!!

うちは、建売住宅です。

リビングに階段があります。

吹き抜けではありませんが、2階に行く階段があるだけでも、光熱費がかかるのではと思い、最初は扉をつけた方がいいのかなと思いました。

ただ、厄介なことに、部屋からいきなり階段の1段目が始まっているので、扉を付けると、登りはいいにしても、下りは、1番下の段に降りた所に扉がある事になり、危ないと言うか使い勝手が悪い気がしました。

そのため、扉を付けるという選択をせずに今にいたります。

 

引っ越してきて当初、当時、5歳だった息子が「階段が怖い」と言い始め、階段の前を通りたがらなくなりました。

階段前を通るときは、横目でチラッと階段に目をやり、走り抜ける感じです(^^;)

確かに、階段を登った奥が暗いので、怖い気もするのかなと思いました。

何も付けない方が、ひらけた空間があって、広く見える気がしてたのですが、しかたなく、透けるタイプののれんをかけました。

すると、それでも怖いと言うのです。

透けて向こう側が見えるので、余計に階段奥が気になるようです。

しまいには、「人が立っていた」と言い始めました(^^;)

聞くと、赤い服を着ていて、ズボンは黒だったと。。。

何とかレンジャーのレッドじゃね~か??と思うような服装(^^;)

でも、見えたというのを聞くと、何だか怖い気もしてきて、旦那が帰ってきた時に息子が言ったことを伝えました。

 

次の日、旦那が帰宅後、息子に「何が見えたか聞かせて~?」と言って一緒にベットに行くと、息子は何だか嬉しそう。

大好きなパパが、話しを一生懸命聞いてくれるのですから、テンション上がりまくりです。

「あのね、あのね、、、、」

と段々、最初の話しと違う方向に。。。(^^;)

旦那も「え~、そうなの?怖いね~。」なんて言うものだから、話は膨らみに膨らんで最初になかったエピソードまで出てきてる始末。

5歳なんてそんなもんです。

次の日なんて、なぜか誇らしげでもありました(^^;)

 

次の日、生地の厚い、透けないタイプののれんを買ってきて、取り付けました。

その後、母の「明るい感じにしたら」という助言の元、階段の壁に息子の幼稚園の作品などを張り付け、一件落着。

それ以降、怖いとか、何か見えたとか言わなくなりました(^^)

 

 

そんなこんなで、うちにはのリビングの階段にのれんがかかっていますが、冬はやはり寒いです。

あまりの寒さに、冬だけ、床まで届く、冷気をシャットアウトするタイプののれんに変更しています。

カーテンにするか、アコーディオンカーテンにするか、ロールスクリーンにするかなど、色々考えましたが、今のところのれんで落ち着いています。

 

 

リビング階段、家族が必ずリビングを通るから子育てに良いという話しもあり、憧れでもありましたが、一長一短ありますね(^^;)

 

まず、うちは扉がないので、

・寒い。

・対策を取らないと冷暖房の効き目が悪くなる。(光熱費も上がる)

・音が漏れる。(テレビの音がうるさい)

・臭いが2階まで少し上がってくる。(焼き肉など)

・お客様が来た時、家族は面倒。

・子供の友達が来た時、子供部屋に通すにしても、結局、リビングとダイニングを見られる。

という、デメリットがありますが、扉があれば、「寒さ」、「冷暖房」、「音」、「臭い」の問題は解決できます。

 

こうして見ると、良いことは、「子供が必ずリビングを通る」こと以外にはないようにも見えます(^^;)

吹き抜けだった場合は、メリットに「開放感がある」が追加されると思うのですが、それ以外の問題が余計に酷くなる可能性大ですよね(^^;)

 

リビング階段にも、色んなタイプがあります。

吹き抜けになっていたり、こじゃれた階段だったり。

あこがれている方も多いかと思いますが、デメリットも多いので、慎重に検討した方がよさそうです。

f:id:ama88:20191101112839j:image

⬆︎長いのれんで冬支度

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ