あま日ブログ

ずぼらなあま(母)の、片付け奮闘記

「片付け」を考える

数年前の話ですが、テレビで、若い一人暮らしの女の子の部屋を片付けるという番を見ました。

私も片付けが苦手なので興味深く見ていたところ、その女の子に「実家はどうなのか?」と聞くと、「実家はきれいだ」と答えました。

番組スタッフが一緒に片付けようとすると、その女の子は「片付けなんてしたことないから、何していいか分からない。」と答えました。

その時に、一緒にいた片付けアドバイザーの人が、「この子の問題は、片付けられないのではなく、片付け方を知らないことです。こんなに大きくなるまで、お母さんから何一つ教わっていない。」と言いました。

 

それを見ていて、なるほど〜と思いました。

片付けられない自分を責める日々を過ごしている身にとっては、少し救われたような気持になりました。

 

この年で、親のせいにするのは良くないと思うのですが、私も、親から片付け方を教わったことなどありません。

教わっていなくても、片付いた家で過ごしていたら、見て学べることもあっただろうけど、実家も片付いていない家でした。

実家は、掃除はしているので、一見、片付いているように見えますが、家中の引き出しはめちゃくちゃでした。

キッチンの引き出しを開けると、工具や小銭、文房具、生活用品、あるとあらゆるものが出てきます。

カトラリーや、キッチン用品が入っているわけではないのです。

リビングの収納の引き出しも、玄関にある棚の引き出しも同じでした。

例えば、電池を探す時は、家じゅうの引き出しを探し回ることになるのです。

 

私は、子供のころから片付けが苦手でした。

子供部屋は、掃除はしているので床はきれいでしたが、机の上や引き出しの中はめちゃくちゃ。

タンスの中は、目も当てられないような状態でした。

母から、畳んだ服を渡されても、しまい方がわからないので、そのままタンスの引き出しに押し込む感じでした。

 

そんな生活だったので、引き出しや、棚の片づけをどうしていいかまったく分かりません。

想像すらできません。

普通の家がどうしているのか分からないので、みんなの家を見て回りたいぐらいです(^^;)

 

片付け方が書いてある雑誌を見ても、真似することは到底できません。

何枚か引き出しの中の写真が載っていても、その数枚の写真に載っていない分類不能な物たちは、どうすればいいのか??どこに、何をしまえばいいのか?全く見当がつかないのです。

 

そんなこともあり、数年前のテレビをきっかけに、片付けは、生活の中で育っていくのだと思うようになりました。

生活の中で、教えてもらったり、手本となるようなものを目にすることで、身についていくのではないかと思います。

 

私も母になり、子供の手本となるように、片付け上手になりたいけど、その道は険しいな~と思う毎日です。 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ